FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

千夜子-17

 古びたドアの先は赤尾マスの家の台所だ。見慣れた光景と一緒に強烈なチョコレートの臭気が鼻孔から私に流れ込んでくる。テーブルに置かれた青色のエコバッグからは野菜や牛乳、魚の切り身が顔を出している。そのエコバッグは私がプレゼントした物で、赤尾のばあちゃんは買い物に行く度にわざわざそのエコバッグを手に「これ持ってくだけでポイントがもらえんだよ、もうけもうけ」と笑うのだ。
 赤尾マスの名前を呼ぼうとしても声は出ず、足がすくんで動くことが出来ない。
 そうだ。
 私はこの先を知っている。だから何も出来ない、ではなく何もしないのだ。
 この先にある光景は……。
 ここは私の記憶の宮殿。私の記憶で構築された世界。私の足がすくむのは己の記憶をなぞることを、追認することを拒んでいるからだ。
 人間の記憶ってどうして厭な記憶ほど鮮明に残ってしまうんだろう。忘れてしまいたいのにご丁寧にこんな部屋までこしらえて保存しているなんて。こんな光景は記憶の彼方に追いやってしまいたいのに……あ、ここが記憶の彼方なのか。ここは記憶の宮殿の奥の奥のさらに奥にある部屋なのかもしれない。
 記憶の彼方に追いやられた部屋。追憶すること自体を拒絶する部屋。
 でも、私は思い出す。こみ上げる吐き気と同時に記憶が、鮮明なビジュアルを伴って、まるで他の記憶を掻き消すように私の中に溢れてくる。私の内側から甘い匂いと共に私を塗り込めてくる。
 台所の先、ガラス戸の向こうにある居間には変わり果てた赤尾マスの姿がある。めっためたに切り刻まれて、ココアパウダーやら砂糖やらをまぶされて成形された赤尾マスだった四角い物体がそこにある。
 チョコレート。
「来るな!」
 ガラス戸の向こうから声がする。オレンジ色の灯がガラス戸に揺れている。ストーブの暖気は台所にまで伝わってくる。
 私は私の中でその光景を、事実を、記憶を遮断していた。そうして私は赤尾煙草店の留守番をしていたのだ。赤尾マスはただ留守にしていたんじゃない。赤尾マスはすでにいなかった。私は赤尾のばあちゃんのいない赤尾煙草店で、ただ店頭に座って空を眺めていたのだ。これが嘘だったらいいのに。どこからか『ドッキリ』のプラカードを持ったおじさんが入ってくればいいのに。ふうわり流れる雲を眺めながら私は、過ぎゆく時間を眺めていたのだ。
「来るな!来ちゃだめだ!」
 声は大きくなって私の欠けた小指がそれに呼応するように熱を帯びる。
 その声は私に促しているんだ。早くこっちに来い。この有り様を、見ろ。
 足はすんなり動いた。私は流し台に向かい、棚から包丁を抜き出そうとしてやめる。そして流しの脇に立てかけられた金属バットに手をかける。料理中に強盗が忍び込んだ時に役に立つ。ピンポイントに配置された赤尾のばあちゃんの防衛策。ボールを打ったことなんて一度もない金属バットを手に取る。
 私は私の記憶と対峙する。この先に全ての鍵がある。荼吉尼様の部屋で踏み潰された零人は言っていた。
「君は君自身の記憶の中で『入り口』を見つけるんだ」
 それが《お菓子の家》の入り口なのか、それとも仲村由里音を見つけ出すための糸口なのか、そうでない何かなのか。この先にあるのは真実なのか。セバスチャン・スピーカー卿が作り出した記憶なのかもしれない。あいつは何らかの方法で私の記憶の中に入り込んでいるんだから。
 でもそんなことはどうでもいい。
 私は何を見たのか。
 私は、何をしたのか。
 全ての答えはこの先にある。全てがぐちゃぐちゃにこんがらがり過ぎている。余計な思考が増え過ぎている。
 目の前の一つ一つをタイムリーに片付けないとならない。
 シンプルにいく。
 ガラス戸の向こうに人影が確認出来る。近い。私は金属バットを頭の上に構える。
 かっとばせ、千夜子。
 右手でガラス戸を開く。
 かっとば、せいっ!
 一気にバットを振り下ろす。
 鈍い音。目の前にいたのは顔が真っ黒で中心に向かってぐるぐると渦巻きが出来ている。渦巻き男はとっさに出した左腕でバットを受け止めていた。弾ける腕時計がゆっくりと見える。
「お前、何てことしてんだよ」
 渦巻き男は言う。
 これが、誰なんだっけ?
 記憶はいつだって都合良く曖昧だ。
 私は再度振りかぶり、躊躇わずに二発目を渦巻き男ね頭に叩き込む。
 炸裂。渦巻き男の脳天から亀裂が走るとその姿はキラキラと弾け飛んだ。
 残ったのは割れた姿見だ。ひび割れた隙間に映るのは、血まみれた、それは私だ。
 私は金属バットで鏡を全て叩き割る。その先に暗闇が広がる。
 入り口は見つけた。

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocolatetwins.blog87.fc2.com/tb.php/35-fb84a435

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。