FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

千夜子-16

 記憶の宮殿。
 人食いハンニバルことハンニバル・レクターは記憶の中に千の部屋がある広大な宮殿を構築していた。レクター博士は如何に拘束されていようと頭脳の中でその宮殿を自由に歩き回り、さらには記憶の中を生きることも出来る。
 そしてここが私の記憶の宮殿。私の、記憶。
 荼吉尼様の部屋にいる目の前のセバスチャン・スピーカー卿と踏み潰された零人。
 それらは私の記憶の中ですんなりと結びつかない。すんなりどころか結びつくわけがない。私には、そんな記憶は、無い。つまり私の人生の中には零人がセバスチャン・スピーカー卿に踏み潰されているなんてシーンは存在しない。
 じゃあ記憶でも何でもないじゃん。記憶力云々じゃなくて私の精神がどうにかしちゃってるんだろうか。
 これは私の記憶の中にねじ込まれた虚構だ。
 私は屈んだ体勢のままスピーカー卿に飛び付いて足を抱える。足下にあったはずの零人はいなくなっている。やっぱり。私はその勢いのままにスピーカー卿を仰向けに倒し、その顔面に渾身の右ストレートを叩き込む。そのイメージを明確に浮かべながら右手を繰り出すとその通りに私のパンチがスピーカー卿の中心にめり込みスピーカー卿は「むう」と声を出したと思うと弾ける。ぱっきゃーん。やっぱりね。私はキラキラ舞い散るセバスチャン・スピーカー卿の欠片を見ながら思う。
 ここが私の思う場所、私の思う時間。
 INVITATION。
 私は私の中に招かれた。私がここにいることには何らかの意味がある。そして零人(仮)が言っていた言葉。「ここに全ての鍵が隠されている」「君は君自身の記憶の宮殿の中で「入り口」を見つけるんだ」
 踏み潰された零人は本当の零人ではないけれどその言葉はまさしく零人からのメッセージだと分かる。だって私たちは二人で一人のチョコレートなんだから。
 鍵。入り口。
 私は立ち上がってこの部屋の出口(入り口?)に向かって走り出す。薄暗闇の中でそれがどの方角にあるか分からないけど分かる。記憶のままに走る。そんな細かいことは覚えていないけど私には分かる。だって私は、千夜子アルフライラはこの状況を一度切り抜けているはずなのだ。だから、記憶という感覚に従って走る。するとやっぱり壁にぶつかり、そこにあっさりドアがある。部屋を出るとそこはホテルの廊下のようになっている。その長い廊下は右奥に緩やかに曲がって続き、等間隔に向き合ったドアが並んでいる。廊下は私が出て来たドアのところで行き止まりになっている。ここが私の記憶の最果てなんだ。私は一度だってこの部屋を開けたことなんてない。このドアだけやけに古びているように見える。
 私は物語を構築するために歩き出す。物語を構築するのは、私自身なのだ。中村由里音の失踪、お菓子の家、セバスチャン・スピーカー卿、私の記憶の宮殿。全ては〈私〉=〈千夜子アルフライラ〉という物語を構築する。
 いくつかのドアを悠然と通り過ぎる。それらのドアを開けなくても私にはそれが今の私に何の関係もないことが分かる。私は〈答え〉=〈鍵〉=〈入り口〉に向かって進んでいるだけだ。まさに記憶の糸を手繰るように、物語の意図を手繰りながら、進むだけだ。寄り道は不要。私の物語に冗長さなんて要らない。
 でも。
 私は歩を進めながら根本的な疑問に向き合う。
 なんで私の記憶の中にセバスチャン・スピーカー卿がいるわけ?
 スピーカー卿は言った。「“久しぶり”というには一方的過ぎる」つまりは私はスピーカー卿を知らないけど、スピーカー卿は私を知っていた?あの七歳の私を?そして今も?
 ?どういうこと?
 ハテナだらけで混乱しそうになる。あの時私たちを攫った犯人がセバスチャン・スピーカー卿だったと考えるのが妥当なんだろうか。そして今度もまたたくさんの少女を攫っているんだろうか。
 これらの疑問は私が〈鍵〉=〈入り口〉を見つければ解決するんだろうか。

「That's right」
 ふいに声がして、立ち止まって声のする方に振り向いてもそこには誰もいなくて代わりに壁に落書きがしてある。
 そこには人差し指だけを伸ばした右手が描かれていて吹き出しがついている。
『Supreme! Sweets! Sanctuary!』
 例の招待状と同じ文句だ。
 人差し指が指し示すドアは他のドアとは違って古臭い木製の見慣れたものだ。
 私にはそれが赤尾煙草店の台所のドアだとすぐに分かる。
 そしてもう一つ気付く。
 壁に描かれた右手は、小指が明らかに欠損している。
 僕の右手を知りませんか。そんな歌を思い浮かべながら私は慣れたドアノブをひねり、開ける。
 甘い香りを私は思いっきり吸い込む。

 それはチョコレートの匂いだ。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocolatetwins.blog87.fc2.com/tb.php/33-04eff575

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。