FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

千夜子-12

「留守番サービスセンターに接続します」
 何度かけても彼女の機械的な声が流れてくる。誰もが知ってる無名の彼女。相も変わらず零人は音信不通だ。
 仲村由基雄宅の一階にあるリビングは十二畳ほどのフローリングで、品のある濃茶色のローテーブルの二方にはこれまた品のある革張りのソファが配置されている。壁には大きな液晶テレビが置いてあり、出窓には手入れの行き届いた観葉植物が並んでいる。家族写真でも飾ってないかと探してみたけど見当たらなかった。唯一、幼少の由里音であろう少女の写真だけがテレビの横で笑っている。そのテレビからローテーブルを挟んだ反対側にシステムキッチンがあり、なんというか、ごく普通のきちんとした家庭のリビングがそこにある。
 仲村由基雄は長い方のソファで寝息をたてている。倒れていた由基雄を雀尊が抱えてこのソファに寝かせた。幸い出血もなく脈拍に異常もなかった由基雄だが、今のところ目を覚ます気配がない。
 由基雄が私達を襲ったのか。襲ったのならその理由は何なのか。何故由基雄自身も倒れていたのか。そして由里音失踪に関して彼の関与があるのか。疑問はいくらでも沸き起こってくるけどそれは回復を待てばいい。いずれにせよ仲村由基雄が娘を奪われた《被害者》であり、私にとっての《依頼人》であることに違いはない。私は依頼を遂行するだけだ。
 ともあれ由基雄自身は命に別状はないようなので寝かせておく。その寝顔を見ているととても私達を襲おうとしていたとは思えない穏やかな寝顔だ。と言っても悪党の寝顔ってのも見たことはないんだけど。
 そんなことを考えながら頻発する欠伸を噛み殺す。
 傷の手当ての済んだ雀尊は由基雄の眠るソファにもたれて携帯電話で誰かと話している。由里音ちゃんを、とか、何組が、とか言ってるけどはっきりとは聞こえない。雀尊の傷も大したことはなく、すぐに傷は塞がるだろう。
 何となく事態は鎮静化している。一切の進展はないんだけど穏やかな小康状態が夜と共に更けていく。
 零人とも連絡はつかないし由基雄もこんな状態だから、とりあえずここで夜を明かすことになりそうだ。…あ、ベベコ路駐だけど大丈夫かな。でも立ち上がって表に出て確認するのも億劫だ。平日の夜中に閑静な住宅街に取り締まりなんてあるわけがない。自分勝手な断定を決め込んで微睡む。そんなことより由里音の母親は外泊なんだろうか。終電の時間はとうに過ぎている。
「やっぱりそうだよ。行方が分からなくなってるのは由里音ちゃんだけじゃない」携帯電話の通話口を押さえながら雀尊が私に振り返って言う。
 その言葉が滞っていた時間を再びかき混ぜる。それは何よりの眠気覚ましとなり、私は欠伸で滲んだ涙をこすりながら考える。
 何その新情報?
 由里音以外にも失踪者がいる?
「どういうこと?」
「ほら、由里音ちゃん吹斗中の三年生じゃん? 俺んとこの生徒にそこの三年生いたの思い出したんだ。由里音ちゃんのこと知ってるかなとかって電話してみたら知ってるどころじゃない、同じクラスだって言うわけ」
「替わって」私は雀尊の手から携帯電話をもぎ取る。「もしもし、誰?」
「…誰って、いきなりそっちこそ誰?」
 女の子の声が聞こえる。その声には困惑と焦燥が感じ取れるが、口調はしっかりとしている。
「あ、ごめんなさい」私はトーンを抑えた声で言う。「私は探偵の千夜子アルフライラ。由里音さんのお父さんに頼まれて彼女を探しているの。あなた、彼女のお友達?」
「いや、そうじゃなくて!」彼女は強い口調で私の言葉を遮ってくる。「あの、…瀬戸内先生の、何なんですか? …彼女とか?」
「私は探偵で瀬戸内雀尊君には由里音さん捜索のお手伝いをしてもらっているの。それだけ」
「そうなんだ」途端声に安堵が広がる。「雀尊君も彼女いないって言ってたから。ですよね?」
 雀尊の呼び方も先生から君付けに変わる。生徒に君付けされてる塾講師ってどうなの?
「そうね、いないんじゃないかな」
 その言葉に雀尊が「ん?」と反応している。電話の向こうでは「あせったー」と声がする。
「名前聞いてもいいかな?」
「はい。アオイコトリっていいます」
「青い小鳥?」
「あ、ブルーバードじゃなくて。車でも幸せの青い鳥でもないんで。いや、全然いいですよ、間違えられるの馴れてますから。音で聞くと紛らわしいんですよね、この名前。くさかんむりに倉に井戸で蒼井、楽器の琴に瑠璃色の璃で琴璃です。蒼井琴璃」
「素敵な名前ね」
「探偵さんの名前もかっこいいです、外人みたい」
「ありがとう、琴璃さん。少しお話聞かせてもらってもいいかな?」
「いいですよ、雀尊君の仲間だったら私らの仲間でもあるし」
「私ら?」
「そうです、私らは寺子屋ジャクソン所属、雀尊ファイブですから」
 思わず声が大きくなる。

「雀尊ファイブ?」

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocolatetwins.blog87.fc2.com/tb.php/25-46b3ad5b

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。