FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

千夜子-11

「千夜子さん、大丈夫?」
 もう一度私の名を呼んだ雀尊は掴んだ手に力を込めて、へたり込んだ私の身を起こしてくれる。
 ふいに立ち上がった反動で雀尊の胸に飛び込む格好になるけどそのまま身を預けて、そこから真上の雀尊を見上げる。雀尊はとっさに目線を外して「やべーチューされるかと思った」なんて言うけど私はこれチューしちゃってもいいよと思っていた。これチューしちゃう流れだったもん。危機を乗り越えた二人に芽吹く吊り橋効果的なラブは霹靂だ。ラブ・ヘキレキ。まあ勘違いラブモードではあるけれどときめきって大事よね。窮地のヒロインを救い出した雀尊はさながらジェームス・ボンドだ。映画は観たことないけどきっとそんな感じだろう。とか思ってると頭の中にデンデロデンデーン、デデン、デンデロデンデーン、デデンと007のテーマ曲が流れてくる。でも映画観たことないから最後に「キネマの天地~」って松坂慶子が歌って蒲田行進曲になってしまう。デンデロデンデーン、デデン、デンデロデンデーン、デデン、キネマの天地~。なんじゃそら~。
 私は頭の中で昔の少女マンガよろしく「てへっ」と舌を出して目んとこバッテンになりながらも現実に戻ってきて、もう一度雀尊を見上げる。
 見慣れたはずの雀尊の顔がいつもより聡明に、なんだか大人びて見える。そしてそんな雀尊の額から鼻筋にかけて走る赤い、…血?
「血!血出てる!」
「あ、そうだ」と面倒くさそうに両手で髪をかきあげながら雀尊が続ける。
「痛えの。いきなりだもん、あ、結構出てんなこれ」
「これ使って」と私はポケットからタオル地のハンカチを差し出す。
「え、いいよ、汚れちゃうし。ティッシュない?」
「持ってない。いいからそれ使いなよ」
「じゃあ、洗って返します」
 雀尊はかしこまりながら傷口付近にハンカチを乗せるとズボンの後ろポケットからニット帽を取り出してそのまま被る。
「オッケー」
「全然オッケーじゃないし。ていうかさ、誰にやられた?仲村由基雄?」
「うーん、痛」。雀尊は眉をしかめながら考える。「いきなり後ろからだから姿は見てないんだけど、普通に考えたらそれしかないよね」
「普通に考えなかったら?」
「誰か他の人間が隠れてたとか…そう、天井にへばりついてて…って訳ないし…あ、階段を上がったところにスイッチがあって踏んだら何がしかの装置が作動して何がしかの鈍器的な物が飛んで……こないよね」
 なんじゃそら。私の目を見て雀尊は言葉を切った。
「やっぱりあいつなのかな。そんな風には見えないっつーか、でも他にはいねえし、でもさ、あんな顔して由里音ちゃんのこと話してんだよ、やっぱりあいつが由里音ちゃんを軟禁してるとは思えねえんだよね、親としてのしっかりした愛情があると思うんだ」
 そう雀尊は言うけれど私には理解らない。親の愛情。私は両親を喪失したあの時に愛情の記憶も喪失しているんだと思う。だから、理解らない。
「でも」
 雀尊の声が低いトーンに変わる。
「二つを切り離して考えたら、有り得なくはない」
「どういうこと?」
「由里音ちゃんの失踪に関わっているかどうかと俺らを襲撃したのは全く別の話だとしたら?」
 由里音を誘拐/軟禁しているのは別の人物(セバスチャン・スピーカー卿?)で、それとは関係なく仲村由基雄は私達を襲った?
 由里音の捜索を依頼したのは由基雄。言うなれば私達は由基雄の味方だ。探偵事務所に来るような人間はその案件を他者に知られたくないのだ。数少ない味方である私達をわざわざ襲う?
「なんでそんなことを?」
「千夜子さん聞いてばっかになってるよ」
「本当だ」
「理由は解らないんだけど現時点ではそれが一番しっくりくるよ。でも何でかな。俺ら嫌われちった?」
 そう言ってニカッと笑う雀尊の眉間を新しい真っ赤な筋が走る。
「血!」
「え、なんだよ、止まんねえじゃん」
 止まんねえよ。
「やっぱやばいよ、今日のところは一旦戻ろう」
「こんなのそのうち止まるよ。今さら帰れないっつの」
 傷の手当てをしたらまた明日にでもくればいい。今日は色々ありすぎる。事務所のソファに寝っ転がってゆっくり整理してみよう。
 それに私にも仲村由基雄が由里音失踪に関わっているとは思えない。私達を襲ったか否かは別にして。だから再訪しても由基雄は笑顔で私達を迎えるはずだ。
 私は渋る雀尊の手を引いて部屋を出ると階段を降りていく。
 そして階下にうつ伏せに倒れたそれを見つけて足を止める。
 背中に『YUKIO 88』の文字が見える。

 仲村由基雄が倒れていた。

 後ろから階下を覗き込んで雀尊が言う。
「すげー考え損したね、俺ら」

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocolatetwins.blog87.fc2.com/tb.php/23-6b8f95d6

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。