FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

零人-10

 部屋中に立ち込める甘い匂い。
 その匂いは今まで一度も嗅いだ事のない匂いの様で、凄く当たり前に、常日頃から嗅いでいる匂いの様でもある。
 元々鼻の利く方ではない零人に、この匂いの正体を嗅覚のみで探り当てろというのは無茶な話だが。それでも零人にとって、いや、零人に限らず、かなりの割合の人にとって、この匂いが不快な種類のモノである事や、その匂いがどうやら一階から伝わって来ている様だという事位は容易に判断できた。

 事務所の奥まった所にある階段を降りると、一階の廊下は酷く暗い。零人は階段脇のスイッチで廊下の照明を燈し、その光に目を細める。
 電球を新しい物に取り替えたのか、やたらに眩しい。
 しかし赤尾の婆さん、いつの間に自分で電球の取り替えが出来る様になったのだろうか、懐中電灯の電池ですら自分で替えれない婆が…。
 少しの間、目を閉じたり開いたりを繰り返し、その明かりに目を慣らしてから零人は廊下を進んだ。
 先ず右手に風呂、左手にトイレ、どちらも消灯され、中は無人で異常無し。
 と、いうか……。
 零人はふと思う。
 赤尾の婆さんはどうしたのだろう?確か、俺が襲われる少し前に帰宅した様な気がするが……いや、その前に今何時だ?俺は一体どの位気絶していた?
 零人は左手首に目をやる。
 そこにはガラスが砕け、アナログの針が紛失し、デジタル画面に皹の入った腕時計。と言うより銀色のパンキッシュなリストバンドと言った方が正しい品物が巻き付けられていた。
「ああ…」零人は小さく声を出して、思い出す。
 そうだ。あの時、あの影人間のバットが俺の顔面に向かって飛んで来た時、俺は咄嗟に左手でバットを受けたんだ。金属バットの攻撃を生身で受けて無事でいれる程、俺の体は頑丈に出来てはいない。だとすると…。
「はぁ…」
 溜息。
 この様子では、確実に腕時計の修復は不可能だ。とは言え、己の身代わりに大破した腕時計、そのまま捨ててしまうのはさすがに薄情に過ぎる。
 零人は腕時計を手首から外し、ジャケットのポケットに突っ込む。
 続いて零人はズボンの尻ポケットに手を入れる。
 腕時計が壊れたのなら、携帯電話で時間は調べれば良い。元々、時間の正確さに関しては、腕時計よりも携帯電話の方が数段上なのだ。
「痛っ」と、零人は尻ポケットに入れた手を慌てて抜く。
 何か尖った物が指先に触れた。
 零人はもう一度ゆっくり慎重にポケットに手を入れ、中を探る。
 そして、その尖りの正体を引っ張り出す。
 砕けた携帯電話。
「……」
 その携帯電話が死んでしまっている事は一目で判る。携帯電話はその位に砕けていた。
 尻を攻撃された記憶はない。だとすると、ソファーから転げ落ちて尻餅を搗いた時に潰して砕いてしまったのか……まったく、脆いもんだ……。
 零人は時刻確認を諦めて、その砕けた携帯電話を廊下に放り捨てる。腕時計と違い、その携帯電話にはたいした未練も情もない。その中に記録されていたであろう幾つかの情報も、どうせこの状態では引き出せやしないだろうし…。

 蛍光灯一本で事足りる程度の長さの廊下には、戸は残り二つ。
 一つは煙草屋のカウンターへ、もう一つは台所へ続いている。
 零人は先に台所の戸を開ける。
 順番に理由はない、近い順だ。
 と、ムアッと異常に生暖かい空気が室内から吹き出して来る。
 その生暖かい空気のせいか、匂いは益々酷い。指で塞いだ鼻孔の隙間や、呼吸の為に開いた口からでも強引に侵入してきて、無理矢理に零人の嗅覚を刺激してくる。
 一瞬躊躇い、台所に入る。照明を燈しぐるりと辺りを見回す。目に付いた物は、テーブルの上の買物袋。赤尾マスお気に入りのエコバックだ。
 零人は指先を引っ掛ける様にして袋の口を開き中を覗き込む。
 パック包装の魚の切り身、牛乳、野菜、ロックアイス等など。一般的な食材が数点見える。
 思い切って袋をひっくり返し中身をテーブルに広げてみたが、取り立てて特筆すべき物は見当たらない。
 しかし一体何時間放置されていたのか、野菜も魚も茶色く変色し、ロックアイスに至っては完全に溶けてただの水になっている。
 零人は取り敢えず、その食材はテーブルに放置し、台所から居間に通じる襖を開く。
 この居間は、台所と煙草屋のカウンターを繋ぐ場所にあり、廊下からは入れない。
 ゴリ…ギュギュギュ…と奇妙な、何と無く背筋が寒くなりそうな感触と軽い抵抗。
 襖を開け放す。
 カタカタとエアコンが微動しながら、熱風を吹き出している。
 いつもは店先に置かれている筈の石油ストーブが持ち込まれ、ゴウゴウと赤く燃えている。
 この生暖かさ、いや、むしろ暑さの原因は一目瞭然。そして、恐らくこの匂いの発生源も…。
 居間は台所から漏れる明かりと、ストーブの赤い炎の中で、尚まだ暗い…いや、黒い。
 零人は居間へ入る。
 ザリッとした足触り。
 ヌルッとした足触り。
 それらが合わさった、ザルッとした足触り。
 居間の真ん中にはちゃぶ台があり、その真上に蛍光灯がある。零人はそのスイッチの紐を引く。
 チカチカ…数度、蛍光灯が瞬き、室内が照らされる。
 室内は……黒。ではなく。良く見ると、焦げ茶に斑な白。
 その状況を零人は一瞬理解出来なかった。
 が、それは一瞬の事で、次の瞬間には、それがちゃぶ台に積まれた、特徴的な色の頭髪とジャージで分かる赤尾マスの挽き肉死体と、部屋一面に広がる血、そして部屋中に撒かれた白い粉、という事を理解した。
 零人はゆっくりしゃがみ、正直不本意だが、指先でその血と白い粉に触れる。で、それが何か見当を付ける。
 砂糖…?
 それと、それより細かい別の白い粉、血に溶けてマーブル模様を描いている…粉乳?
 赤尾マスと砂糖と粉乳…。
 
「おうっ」
 零人は慌てて口を塞ぎ居間を駆け出し、台所の流しに飛び付いた。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocolatetwins.blog87.fc2.com/tb.php/22-f72def8c

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。