FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

零人-20

 大仰な音を鳴らし、真っ二つに別れた応接机が床に落下するのを、ソファーの後方に背中で着地しながら耳で確認し、零人は間髪入れずに、両足と背中のバネをフルに使い、ソファーを八文字アリスがいるであろう方向へ蹴り押す。
 ソファーの行方は確認もせず、零人はまたも間髪入れず、今度は後方に三、四回転でんぐり返り、身構える。
 そして、そのまま、立て膝の状態のまま、八文字アリスに目をやる。
 悠然とソファーに腰掛けた八文字アリスの前には、真っ二つに別たれた応接机と、これまた、応接机同様に八文字アリスが斬ったのだろう、真っ二つに別たれたソファー。
 八文字アリスが立ち上がる。
 スラリと伸びた手足、真っ白い肌、下着か水着と言っても過言ではない程に面積の小さなショートパンツとカットソー。
 つくづく思う・・・状況がこんなバトルな状況でなく、八文字アリスがあんな原始人の様な顔でなかったら・・・と。
 零人は八文字アリスに合わせて立ち上がり、右足を半歩引き、目は八文字アリスから逸らさぬ様にし、上半身は右半身を軽く後方に引き、少し背を曲げて、両の拳は顎の前辺りに配置。
 武術の心得等一切無いが、一応、少なからずの威嚇と牽制。
 ・・・さてと。
 この威嚇と牽制の効果の程は取り敢えず置いといて・・・八文字アリスが如何にして、あの応接机やソファーを真っ二つに斬り裂いたかを知らなければ・・・。
 戦うにも、逃げるにも、先ずは相手を知る事。
 それは、赤尾マスに教わった。
 各種格闘技から武術に気功、礼儀作法にお茶にお華、合わせてウン十段って程のスーパー婆、赤尾マスに・・・あっ。
 零人は危うく出しそうになった声を堪える。
 そうだった、コイツが赤尾マスを殺したのだ。この八文字アリスが・・・もう一度言うけど、各種格闘技から武術に気功、礼儀作法にお茶にお華、合わせてウン十段って程のスーパー婆の赤尾マスを、殺したのだ。
 零人は危うく漏れそうになる溜め息を堪える。
 完全に失念していた・・・いや、むしろ、その事は考えてもなかった。
 そうなのだ、八文字アリスは、そのレベルの人間なのだ。
 しかも・・・。
 挙げ句、零人は大変な見誤りをしていた。
 八文字アリスからセバスチャンスピーカー卿を引っ剥がせば、八文字アリスは壊れる。それで勝負は着く。俺の勝ち・・・そう思っていた。
 が、間違っていた。
 八文字アリスからセバスチャンスピーカー卿を引っ剥がし、八文字アリスを壊す事は・・・八文字アリスを切れさせる・・・つまりは、八文字アリスのリミッターを解除する事だったのだ。
 甘かった。
 完全なミスだ。
 最初から分かってた筈だ。赤尾マスを殺したのが八文字アリスなら、その実力位、最初っから想像出来た筈だ。
 なのに、何故警戒し、前以て対策を準備していなかった。とんだ間抜けだ。とんだドジだ。
 これは、大元からの大失態だ・・・なんて、愚痴ってもいられない。
 事は急を要する。
 次の手が来る前に・・・あの応接机やソファーを斬り裂いた技が、自分に向けられる前に、その正体を・・・。
 零人は、八文字アリスの身体に視線を這わす。
 八文字アリスを探る。
 何だ?何を使った?何を使い、何をした?
 応接机やソファーを斬り裂く手段。
 刀?
 それなら、見て判る。
 八文字アリスはそんな物を持ってはいない。
 仮に隠したとして、そんな大きな物をどこに隠す?
 なら、掌や衣類や何かに隠せる大きさのナイフ?
 斬れるか?ナイフで。簡単に隠せる程度のナイフの刃渡りで・・・。
 では、もっと別の・・・。
 例えば?
 例えば、レーザーやビーム的な・・・。
 飛躍し過ぎだ。
 ふと、赤尾マスをミンチにした巨大ミキサーが頭に浮かんだが・・それでも、さすがに、ビームサーベルにレーザー銃は飛躍し過ぎ。
 他に・・・。
 手刀?
 足刀?
 まさか、そんなの、まるで漫画だ。
 零人は思い出す。
 あの時の・・・あの、応接机が真っ二つに斬られる前の八文字アリスの行動。
 右手で左の肘辺りを、擦る様な、摘む様な・・・。
 右手・・・。
 そして零人は見付ける。
 右手の人差し指の第一関節と第二関節の間の不自然な場所に嵌められた、よっぽど注意して見ないと見過ごしてしまいそうな程に細い指輪・・・いや、違う。指輪じゃない・・・アレは・・・。
 零人の視線に気付いたのか、八文字アリスが右手をピクリと動かした。
 と同時に、八文字アリスの右手の人差し指の先から、光の線がスッと流れた。
 ・・・糸?
 間違いない。この距離、八文字アリスの攻撃を警戒して零人が取った三、四メートル程の間合いからは、はっきりとは視認出来ないが・・・確かに、それは八文字アリスの右手の人差し指に結わえ付けられ、緩い螺旋を描き床に伸びている・・・糸。
 それで、斬ったのか?
 応接机を・・・ソファーを・・・。
 聞いた事はある。
 そういう技。
 そういう武器。
 特殊な加工を施した極細の強化ワイヤー。締める、縛るだけではなく、斬る事も出来るという・・・。
 それに糸なら、どれ程面積の小さな衣類にだって容易に隠せる。
 ・・・いや、あの仕草。あの、右手で左の肘辺りを擦る様な、摘む様な仕草を思えば・・・身体か・・・八文字アリスは、己の身体の中に、あの糸を・・・。
 つまりは、そういう事か。
 つまりは、そういう者か。
 八文字アリスは・・・つまりは、そういう類いの者だったという事。
 それに気付くやいなや、零人は八文字アリスに向け一気に駆け寄る。距離にして僅か三、四メートル。ものの一瞬で零人は八文字アリスにたどり着く。そして、抱き着く。両腕で強く八文字アリスの背中を抱き締め、脚を絡ませ、腰を押し付け、頬を寄せる。
 
 一瞬、八文字アリスの体が緊張するのが分かった。
スポンサーサイト
 
 

千夜子-20

 仲村由里音の家を前にして「あれ?」私は違和感を覚える。
 外壁も門扉も見上げた屋根も、外観には何ら変わりはないけど、どこか以前とは違った雰囲気/威圧感を感じる。
 でもその感覚は拒絶よりか歓迎、とまではいかなくとも好意的に私を迎えているようであって、でもやっぱり底辺からもや~っとした恐怖心が立ち上ってくるようで私は確信する。
 やっぱりここなんだ。
 蒼井琴璃は半開きの門扉を開けて入っていく。その制服の背中に向けて意外な言葉が私の口をつく。
「…ごめんね」
「はい?」とドアの前で琴璃が振り返る。「何か言いました?」
 私は頭を振って「あ、いや、何でもない」と応えるけど分からない。何で謝ってんの。何が、どう「ごめんね」だというんだろう。
「行きますよ」
 玄関に鍵はかかっていないらしく蒼井琴璃は玄関を開け、家の中に入っていくので私も続く。
 邸内に入るとなぜか足がすくんだ。この違和感は何だ。周りを見渡しても別段変わったところがあるわけでもない。
「何ぼ~っとしてんですか?」
 見ると蒼井琴璃はすでに階段を二階近くまで上がっている。私を見下ろす少女は黒のローファーを履いたままだ。
「あ、靴」
「いいんですよ、これは」と平然と言い放つ。「そんなことより私たちはぼ~っとなんてしてらんないんです。時間なんて『ぼ~っ』としてるうちにその『ぼ~っ』を倍速で追い越して、その倍速の『ぼ~っ』のことを考えているうちにさらに倍速で時間は私たちを置き去りにしていくんです。何を躊躇ってんですか?千夜子さんがぼ~っとしてるうちに四、五カ月なんて一瞬に過ぎていくんですよ」
 何それ?全然分かんないんだけど。
「千夜子さんが一歩目を踏み出すか踏み出すまいかってしてる間にあらゆる事象は千夜子さんを追い越しちゃうんです、っていうかもう追い越されてるし、なんなのもう!」
 なんなのもう!はこっちの台詞だ。
「あ~じれったい!今何月か分かってんですか?」
 …はい?
「二月ですよ」
 …え?十月じゃないの?
「だ~か~らっ!分かんないかなぁ。ここは二月なんですよ、千夜子さんの知っている、あの二月なんです!」
 私はそこでようやく口を開く。
「…あなたは一体誰なの?」
「私は蒼井琴璃、名前のまんまの青い小鳥、千夜子さんが幸せか幸せじゃないのかどう感じるか分かんないけど、私にはそんなこと知ったこっちゃないけど、私はあなたを導いてあげるの、そういう役割」
 そう言うといきなり蒼井琴璃のスカートの中から大量の鮮血が噴き出し、バランスを崩した琴璃は階段を転げ落ちて来るけど血まみれなんて気にしない顔で悔しそうに呟く。
「やべえ、思ったより時間ないじゃん、何だよも~~~!」と琴璃は私の手を掴んで引っ張る。「早く!」
 ようやく私の体は動き出す。靴を脱ごうとすると琴璃に「だから靴はいいんだって!」と急かされる。
 何があったの?
 何で怪我してんの?
 ひょっとして蒼井琴璃ちゃんもすでに犯人に襲われたってわけ?
 それを隠してまで私を待っていたってわけ?
 私を導くために。
 どこに?
「考えてる時間なんて本当ないんだから、くそっ!痛えし!もうちょいなんだからね、がんばれ私!」
 鮮血を垂れ流しながら階段を上る蒼井琴璃に気圧され、私も靴のままガシガシと赤濡れた階段を琴璃に続く。
 琴璃はそのまま階段を三階まで進んだ。琴璃から流れる赤が一段一段と血溜まりを作り出している。私はそれを目で追いながら一歩一歩足を繰り出す。まるでヘンゼルが落とした白い小石を頼りに家路に着いたように。時折明かりを反射する血溜まりを見ながらそんなことを思う。
 これが童話ヘンゼルとグレーテルなら私の行き着く先にあるのは魔女の住むお菓子の家だ。
 でもここにはヘンゼルがいない。
 グレーテルはたった一人で魔女にどう対峙したらいいのかな。

 考えるな。
 置いて行かれる。
 そんなの、嫌だ。

 そうして私は三階にたどり着く。
 すると蒼井琴璃は糸が切れたようにすとんとその場にへたり込んだ。
「琴璃ちゃん!大丈夫?」
 琴璃は私に応えず虚ろな目で一点を見つめている。
 その視線の先にあるのは仲村由里音の部屋のドア。
 やっぱりそうなんだ。
「ここ?」
 肯定とも否定とも取れない無表情で私をみつめる琴璃の口元が微かに動く。
「…ぁ、…ぁん…」
「何?」
 私はその小さな唇に耳を寄せる。

「…ハッピーバレンタイン」

 そう言うと蒼井琴璃は今度は力強くにっこりと笑った。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。