FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

零人-19

 キリキリキリキリ・・・。
 耳障りな軋る音。
 キリキリキリキリ・・・。
 八文字アリスの壊れる音。
 キリキリキリキリ・・・。
 応接机を挟み、向かい合う八文字アリスは項垂れていて。零人からは、その頭頂部から肩、窮屈そうに突き出された真っ白い膝位しか見えない。
 顔は髪の毛の陰になり、窺えない。挙げ句、その全体を優美という言葉以外に評しようのない五指を備えた両手で覆っているので・・・。
 全く、その姿は絵になる。
『苦悩する美女』とか『泣く乙女』とかいったタイトルを付けて、描いたり写真にしたりして、額縁に入れて飾りたい程だ。
 が、それだけに、零人はついつい吹き出してしまいそうになる。
 その黒く艶やかな髪の毛と、優美な指の奥に隠された顔を想像してしまうと、そうならずには到底いれない。
 八文字アリスの顔は、それ位に、その一流モデル並のプロポーションとはかけ離れた『原始人顔』なのだ。
 しかし、それはさて置き・・・。
 零人は目の前の八文字アリスを哀れむ。
 セバスチャンスピーカー卿のパッチ物。
 セバスチャンスピーカー卿の偽物。
 本人の意思ではなく、偽物にされた八文字アリス。
 己の行動の意味も知らなかった八文字アリス。
 己の行動に意味がない事も知らなかった八文字アリス。
 キリキリキリキリ・・・。
 そして、壊れた八文字アリス。
 キリキリキリキリ・・・。
 そして・・・。
 キリキリキリキリ・・・ギリギリギリギリ・・・ボリン、ボリボリ・・・ゴキン。
 ・・・。
 音が止まった。
 パッチ物のセバスチャンスピーカー卿は崩れ去った。崩壊の音と共に。
 そして残るのは本物の八文字アリス。
 上書きされたパッチ物のセバスチャンスピーカー卿が崩れ去り。目の前で踞る八文字アリスは、正真正銘の八文字アリス。
 八文字アリスの顔を覆っていた両手が下がる。
 両手がダラリと落下して、パフンとソファーを鳴らす。
 八文字アリスの顔・・・それはいまだ、俯き、髪で隠され、よくは見えないが・・・その顔辺りから、何かが数個、コロンコロンと応接机に落ちた。
 白地に赤のマーブル模様の、指先に摘める程度の大きさの・・・。
 ・・・歯・・・。
 形からして奥歯・・・。
 八文字アリスが小さく震えた。いや、震えたというより、揺れた。
 小さく、頭だけがユラユラと揺れた。
 そしてまた、応接机に数個、コロンコロンと歯が転がる。
 奥歯と犬歯が合わせて七本。応接机の上で、血液と唾液にまみれ鈍く光っている。
 ゆっくりと、八文字アリスが顔を上げる。
 先程迄と何も変らない原始人顔。ただ少し違うのは、やや頬が痩けて目が赤く充血している事と、唇の端に血液混じりの唾液が溜まっている事位。
 だが、それは、その顔は、さっき迄の八文字アリスとは明らかに違った。
 まるで別人に見えた。
 セバスチャンスピーカー卿の上書きが崩れ去ったという事から来る印象の変化・・・と、いう訳でもない様に思える。
 合計七本の抜歯による輪郭の変化・・・的な違いでもない。
 まるで、明らかに、確実な・・・別人。
 それは、確かにそうなのだが・・・言ってしまえば、確かに別人なのだが・・・。
 セバスチャンスピーカー卿のパッチ物と正真正銘の八文字アリス。確かに、その二つは別人だ。しかし、それは名前=記号の違いに過ぎない。
 それは『名は体を表す』・・・と、いう事なのか?
 八文字アリスの口許がモゴモゴと動く。
 口内を透かし見る事等出来ずとも、分かる。抜歯の傷口を舌先で触っているのだろう。
 きっと、一気に七本も歯の抜けた口内が違和感で堪らないのだ。
 すると、チゥ・・・。
 唐突に八文字アリスが唇をすぼめる。
 可愛く例えればキスの口。
 可愛くなく例えればタコの口。
 次の間。
 零人それを避ける事が出来なかった。
 ものの見事に虚を突かれた。
 生暖かい、粘性の強い液体・・・唾・・・正確には、唾や痰や涎や血液や・・・今、八文字アリスの口内から採取出来る液体全ての混ぜ合わされた物。
 成る程、あの口はこの為か・・・この液体を俺の顔面に吐き付ける為の発射口の形だったのか。
 って、畜生!油断した!
 しかも、見事に左の眼球に命中させやがった!
 とは言え、被害を受けた左目に、痛みや痺れの様な症状は出てはいない様子。後々、何かの症状が発症するかもしれないが・・・今の所、取り敢えずは即効性のある毒物等は含まれてない様だ・・・等と、安心は出来ない。何せ唾だ!痰だ!涎だ!血液だ!仮に八文字アリスが絶世の美女であっても、唾や痰の顔面シャワーを喜んで受け入れるタイプの男では俺は決してない!と、怒っている余裕もない。
 零人の生きている方の右の視界の中で、八文字アリスがそっと、右手で左の肘辺りを擦った・・・いや、摘んだ。
 その行動が、どうにも嫌な気がして・・・その、摘み方が、どうにも不安な気がして・・・零人は直感的に右足で力一杯、応接机を蹴り上げる。
 決して安い作りではない、重量感のある応接机がグワリと持ち上がる。
 それ程に思いっ切りに蹴り上げた。素足だったら、足の指を五本共軒並み骨折してもおかしくない。
 先程のシャワー後にブーツを履いて出て来た己の先見の明に喝采。する間もなく、零人は左足で床を蹴り、その勢いで後に回転、ソファーの背凭れを乗り越え様とした瞬間・・・それは一瞬の出来事で、理解するには余りに一瞬で、余りに非現実的過ぎた。
 が、理解は後回しにして・・・現実に目撃した事実。空中で応接机が斜め四十五度の角度で真っ二つに分断された。斬れた。
 そして、二枚に別たれた応接机の間から、八文字アリスの顔が見えた。
 八文字アリスは笑っていた。
 薄く口を開いて。
 ニィ・・・と。
 その口の中は、深く、真っ赤に染まっていた。
スポンサーサイト
 
 

千夜子-19

 ばあちゃんが存在しないなんて有り得ないっつうの。

 独りごちて愛車べべ子のアクセルを踏む。赤尾煙草店に居続けることは苦痛だった。困惑と焦燥、その他もろもろ。それらを振り払いつつ、私は吹斗市の仲村由里音の家に向かっている。とりあえずスタート地点から再開してみるべきなのだ。と、天海橋の信号に捕まる。
 ばあちゃん=赤尾マスの問題は一旦ペンディング。ばあちゃんが存在しないという話を認めるわけにはいかないけど、イコールそれはばあちゃんは死んでいないと見做すのは強引なポジティブシンキングかもしれないけど私の中ではそういうことにする。だから私が見た(?)死体はばあちゃんではないし、むしろ《赤尾マス殺害事件》そのものの存在すら現時点ではあやふやなのだ。
 だから私はそもそもの出発点である仲村由里音失踪事件からやり直すことにした。
 信号が青に変わり、私は橋を渡って吹斗市に入ると側道に逸れてべべ子を停める。ダッシュボードから取り出すのはばあちゃん=赤尾マスから貰った手帳だ。
 ともかくここまでの登場人物について整理していこう。いろんなことが一斉に起きて波にさらわれたように散り散りになっている。一つ一つを再確認するために、私は最初に携わった人物から挙げ手帳に書き込んでいく。

・仲村由基雄
・仲村由里音


 そこで《仲村由里音》から矢印を伸ばして《失踪》と書き加える。

・仲村由里音→失踪

 あ。先ずはこいつか。私は二人の名前の上にその名前を書いて丸く囲む。

《セバスチャン・スピーカー卿》

 次に瀬戸内雀尊、そして電話で話した由里音の友人である蒼井琴璃と消息不明の同級生たち、そして存在すら否定されているばあちゃんの名前を続ける。
 雀尊には一度電話したが繋がらなかった。ただ私から連絡を取る気がないだけだったりもする。少なからず瀬戸内雀尊に不信を抱いていることは否定出来ない。だから現時点では瀬戸内雀尊は消息不明とする。
 最後に赤尾マスの名前を書いて矢印の先に《存在しない》と書き込んで手を止める。私は赤尾マスが《存在しない》とは思っていない。私は希望的観測を踏まえて《存在しない》の部分に二重線を引き《失踪?》と書き加える。

《セバスチャン・スピーカー卿》
・仲村由基雄
・仲村由里音→失踪
・瀬戸内雀尊→消息?
・蒼井琴璃
・神野芽久美→失踪
・他同級生数名→失踪
・赤尾マス→失踪?


「…そして、誰もいなくなった」
 いや、全員ではない。
 私は手帳を閉じると再びアクセルを踏む。
 由里音の部屋にあったパソコンのディスプレイに並んでいた三つのひらがな。しちし。その単純過ぎた暗号から導かれた《DAD》。
 そこから話がおかしくなった。そして私はそこで何かを逃した。やはり《DAD》、つまり《父親》である仲村由基雄が鍵を握っている。《DAD》がそのまま仲村由基雄を示しているかは依然曖昧だし、由基雄が犯人だなんて根拠の無い答えを出すつもりはないけど、結論として仲村由基雄はめちゃめちゃ怪しい最重要人物に違いないのだ。
 私が探していた《入り口》は冷蔵庫の扉の中にあった。私の記憶の中でも頭の中でもなく目の前にあった。《入り口》に対する《鍵》はまさしく仲村由基雄なのだ。
 それからのことはそれから考えればいい。

 そんなことを考えながら私は吹斗ニュータウンの外れにある仲村由基雄の家の前にべべ子を停める。
 もしかしたら仲村邸も存在していなくて仲村由基雄も由里音も端っから存在しないんじゃないか。頭の片隅にあった微かな予測は外れて、その片流れ屋根のモダンな三階建ては当たり前のように存在している。そして門の前には制服姿の少女が立っている。

 少女が立っている。

「由里音ちゃん?」
 車から飛び出した私に向かって少女もこちらに駆けてくる。
「千夜子、アルフライラさんですね?」
「仲村由里音さんね、とにかく無事で良かった」
「違います」
「え?」
「だから違いますって。私です。電話で話した蒼井琴璃です、はじめまして」
 少女はそう言って笑いかけると長い髪が揺れた。そう言えば仲村由基雄に渡された写真の由里音は髪が肩に届いていなかった。
「でも、どうして私のことが分かったの?」
「え?だって違うんですか?」
「いや、そうだけど」
「だってここに来るのは千夜子さんしかいないから」
「そうなの?」
「そんなことより私にも届いたんです」
 蒼井琴璃が鞄から取り出したのはすっかり見慣れた白い封筒だ。
「で、中にカードとこれが入ってたんです」
 手渡された封筒の中には二つ折りのカードと一緒にひと回り小さなカードが入っている。そこには縦横に幾つかのラインが走り、そこに四角い目印が幾つか書き込まれていて中央の四角形が赤く塗られている。
「地図?」
「それがここなんです」
 私はその三階建ての建物を見上げる。片流れの屋根がずうんと空に突き刺さっているように見える。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。