FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

零人-18

 では・・・と、零人は口を開く。
「では、先ず、例の招待状・・・正確には招待状と招待文の入った封筒・・・アレを探偵事務所の扉に挟み込んでおいたのはアナタですよね?」
 封筒は郵送されてきたのではなく、直接誰かの手により探偵事務所に届けられた。その誰かが差出人本人であるという事はそうそう想像に難い事ではない。
「・・・はい」
 八文字は頷く。
 あの日、零人は是々絵利衣に呼び出され、屈木井九好の失踪についての相談を受けていた。その後、探偵事務所に帰宅した時には封筒は扉に挟まれてはいなかった・・・或は、それに気付けなかっただけかもしれないが・・・そして、再度探偵事務所に戻ってきて零人は封筒を見付ける。
 つまり、零人が探偵事務所内に何者かの気配を感じ、一度探偵事務所を離れてから再度帰ってくる迄の間に、八文字が探偵事務所を訪れ、封筒を届けていった。又は・・・「あの日、アナタは俺の事を探偵事務所で待ち伏せていた。が、帰宅してきた俺はアナタの気配に気付き・・・あぁ、勿論その時はアナタだと認識していた訳ではないですが・・・まぁ、警戒し、もう一度出掛けてしまう」
 そして、零人は屈木井九好のアパートに行き、室内を捜索して再度、探偵事務所に戻る。
 そして、扉に挟み込まれた招待状を見付ける。
「アナタはその間に帰宅してきた赤尾マスを殺した」
「・・・はい」
「そして、彼女をチョコレートに見立てた」
「・・・はい」
「あの機械で彼女のミンチを作って・・・」
 零人はその部屋の角に置かれた、不格好な機械に目をやる。
 恐らく、それを目的に造られたであろう機械。
 不格好な洗濯機の様な、巨大なミキサーの様な、歪で奇っ怪な機械。
 そして同時に、それを赤尾煙草店に運び込む八文字の滑稽な姿を想像する。
「・・・はい」
「そして、二階の探偵事務所に帰宅して来た俺を襲った」
「・・・」
 八文字は返事をしない。小さく首を横に振る。
 ・・・違うのか。
 ならば、逆だ。
「赤尾マスを殺し、俺を襲い、その後に赤尾マスのチョコレートを作った」
 まぁ、確かにあんな大袈裟な道具を持ち込んでの作業、それなりに時間の余裕も欲しいだろう。いくら寂れた下町の商店街の端っことは言え、出来る事なら人目の無くなる時間帯だって選びたいだろう。
 当たり前の発想か・・・。
「・・・はい」
「後、俺の携帯電話を壊したのも、アナタですよね」
「・・・はい」
 零人は、うーん・・・と唸り、少し考えて「これが、アナタがした事の全て正しいですね」と締める。
「・・・はい」
 八文字は頷く。
 その頭は、今にも床に転げ落ちてしまいそうな程に項垂れている。

 はい。
 犯人判明。
 はい。
 事件解決。

 ・・・って、これで一体何が解決したと言うのだ。
 ただ、起きた出来事を並べ立て。それを、八文字アリスが端から認めていっただけの事ではないか。

 項垂れる八文字アリス。零人が胸を張ると自然、零人が八文字を見下ろす形になる。

 その角度で、零人は八文字の頭頂部に向け言う。
「アナタは、何故、赤尾マスを殺したのですか?」
「・・・」
 八文字アリスは答えない。
 いや、答えられない。
「あぁ、すみません。うっかりしてました。これじゃあ質問がマズイですよね。この聞き方じゃ、アナタは答えられませんよね」
 そう、今の八文字アリスには『はい』と『いいえ』以外に答える言葉はないのだ。
 その呪縛を掛けたのは、零人だ。
「アナタは、自分が赤尾マスを殺した理由を知っていますか?」
「・・・」
 八文字は無言である。
「アナタは、赤尾マスのチョコレートの意味を知っていますか?」
「・・・」
 八文字は答えない。
「しかも、アレはチョコレートとしては、決定的に間違っている事に気付いてますか?」
「・・・」
 八文字は首を振る事すらしない。
「チョコレートを作るのに暖めるなんて、可笑しいでしょ?チョコレートは冷して固める物です。では、何故、冷さずに暖めたのか分かりますか?」
「・・・」
 零人は、もう八文字の返事を待たない。
「探偵事務所で俺を待ち伏せた理由。扉に招待状を挟んでおいた理由。しかも、その招待状が偽物だった理由。そして、俺を襲った理由。それも、中途半端に気絶させるに止めた理由。最後に、俺の携帯電話を壊した理由」
 零人は矢継ぎ早に並べ立て、そして・・・「それが、アナタに分かりますか?」
 八文字は無言である。
 八文字は答えない。
 八文字は首を振る事すらしない。
 零人は待つ。
 少々気長過ぎるのでは・・・と感じる位の時間、零人は待った。
 そして、漸く、八文字が答える「・・・いいえ」
 そうなのだ。知らないのだ。八文字アリスは、何一つ知らないのだ。
 何故なら・・・。

「それはね、八文字さん。それは、アナタがパッチ物だからですよ」

 八文字アリスがクラリと揺れた。
「それ等の事にはね。何一つ意味なんてないんですよ」
 八文字アリスがクラクラリと揺れた。
「アナタはセバスチャンスピーカー卿のパッチ物、つまりは偽物として、無意味に赤尾マスを殺し、無意味に赤尾マスを不完全なチョコレートに見立て、無意味に俺を襲い、無意味に俺の携帯電話を壊す様に操られていた」
「操られていた・・・?」
 零人の掛けた呪縛が解けた。
「そう、俺がここに辿り着く様に。或は、俺がここに辿り着ける人間であるかを試す為に。アナタは、文字通り身も心もセバスチャンスピーカー卿に操られていたんですよ・・・まぁ、良い様に操られていたって事に関しては、俺も同様ですが・・・」
「セバスチャンスピーカー卿に・・・操られていた・・・セバスチャンスピーカー卿に・・・私は・・・セバスチャンスピーカー卿のパッチ物・・・」
 項垂れた八文字アリスの口から、切れ切れに言葉が漏れる。
 角度的に零人からはその顔は見えない。でも、その声色で十分に判った。
 今、八文字アリスは・・・壊れた。
 その証拠に、八文字アリスの崩れる音が小さく聴こえてくる。
 キリキリキリキリキリキリキリ・・・と。
スポンサーサイト
 
 

千夜子-18

「では、話を整理させてもらいますね」
 土佐と名乗った巡査は手帳に書き込みながら言う。
「えーと、あなたが帰宅したところ、この居間に、えー、赤尾……何さんでしたっけ?」
「マスです。赤尾マス」
「そうでした。その赤尾さんの遺体が居間、つまりここですね、居間の卓袱台の上に置かれていた」
「…はい」
「しかも遺体はミンチにされており、さらにそれは四角い立方体にされていた」
「…はい」
「そこであなたは何故かその立方体の遺体を台所にある冷蔵庫にしまった」
「…はい」
 そこで土佐巡査は手帳から顔を上げる。
「で、その遺体はどうなったんでしたっけ?」
 私は答える。

「だから、なくなっちゃったんです」

 頭を掻きながら「なるほどね」と呟く土佐巡査の目には疑念が満ち満ちている。
 冷蔵庫は空っぽだった。
 私だって分かんないよ。本当になくなっちゃってたんだから。

 私はそこで立ち尽くす。
 《入り口》を見つけたと思ったのに。
 箪笥の上に横たわる日本人形と目が合う。

 あの部屋で私はココアパウダーにまみれチョコレート型のなっていた遺体を見つけ、その瞬間思った。このままでは可哀想だ。箪笥の上に置かれたガラスケースから中の日本人形を取り出すとそこにそれを詰めた。私にはそれが赤尾マスの遺体だという概念がなかった。とはいえ詰め終わった時には「箱入り娘ならぬ箱入り婆ちゃんだね」と考えていた。
 冷蔵庫の中身を取り出して全部ゴミ袋に捨て、そこにガラスケース入りのそれをしまった。霊安室代わりだったのかもしれない。ってこれは後付けで私が考えたこと。私は冷蔵庫のドアを閉め、次に赤尾マスの通うフラミンゴ教室に電話をかけて体調不良による長期欠席を伝えると居間のテーブルを布巾がけして掃除機をかけると割った姿見を抜けて……。
 ここが《入り口》から抜けてきた世界。というより私は日常に戻って来ただけだ。そもそもあの《記憶の宮殿》って何だったんだろう。
 私が見たあの光景は本当の記憶だったのか、もしくは何らかの力で書き換えられている世界なのか。それとも単なる夢とか妄想の類いなのか。それなら私はちょっとした気狂いってことになるし、それにしては全てが鮮明過ぎる。

「あなたが遺体を発見したのは随分前ですよね。発見から通報するまで何をしていたんですか?」
 土佐巡査が私の思考を遮って言う。
「店番をしていました」
「そうじゃなくて、何故発見から一ヶ月近く経った今になって通報したのかってこと」
「……面倒くさかったから」
 土佐は苛立った様子で一層大袈裟に頭を掻き出した。本当にボリボリと音が聞こえそうなくらいに。実際頭からボリボリなんて音がしたら掻いたそばから頭の砕けて破片でも零れてきそうだ。
 土佐巡査が「それで一ヶ月も放っておくなんて……」と呟くと彼のポケットから小さな振動音が聞こえ、土佐巡査は「失礼」と断って携帯電話を取り出す。「はい、土佐です」そう言いながら私に背を向けると「ええ」とか「やはり」とか聞こえてくるけど、私は土佐の足元に小さな光を見つける。土佐に気付かれないようにそれに人差し指を押し当てて拾う。
 それは小さな鏡の破片だった。あの姿見の。人差し指の中に歪な私が見える。
「どうかしましたか?」
 土佐が私を見下ろしている。
「いえ、ゴミが」私は指先についた欠片をゴミ箱に捨てる。「電話。何か分かったんですか?」
「あぁ、そうですね」土佐は歯切れの悪い表情で続ける。「念の為と思い調べてもらってんですけどね」
「はい」
「この住所に赤尾マスという人物は住んでいません」

 え?

「赤尾マスって誰ですか?」

 は?
 赤尾のばあちゃんがいない? 存在していないってこと? なんで?
 だって、ずっと、居たし。
「……あの」土佐は私の顔色を窺うように言った。「大丈夫ですか?」
「何が?」
「いや、ですから、その……」
「何? 大丈夫ですかってあたしの頭のこと言ってんの? 脳味噌のこと言ってんの?」
「いや、ですが、現場には遺体がない、そういった形跡もない、そもそも被害者自身が存在しない。と言うことはですね、これを事件として扱うことはですね、非常に……その立件が難しく……」

 土佐巡査は「引き続き捜査はいたします」と丁寧に帰って行った。でもきっと狂人の戯れ言だと思っているんだろう。捜査なんてしてくれるわけがない。
 冷蔵庫を前に私は座り込んでいる。開け放たれたそこから冷気が頬を撫でる。
 それを冷蔵庫の奥に貼り付けてある。
 私はその封筒に手を伸ばす。中身なんて見なくたって分かっている。
 中から二つに折られたカードを開く。

『親愛なる 千夜子さん』

 やっぱりここが《入り口》だったんだ。そして私はやはり自分で全ての事件に向き合わなくてはならないんだ。
 私は双子探偵、千夜子アルフライラ。
 さぼっていた分はここから取り返す。
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。